毎日お風呂に入る / 自分でできるワキガ対策

毎日お風呂に入って体臭予防

わきが対策の一つとしてオーソドックスではありますが、毎日の入浴の仕方を工夫することで効果があります。しっかと脇の下を洗うことです。殺菌作用のある石鹸やボディソープなどを使って脇の下を念入りに洗うことで効果が現れます。

お風呂によるわきが対策

ワキガの原因は、「アポクリン腺」が分泌される分泌液と、皮膚表面にいる細菌によるものです。この細菌が増えてしまうとワキガのニオイはより強いものになります。毎日お風呂にしっかり入ることにより、細菌の増殖を抑えることになり、ワキガのニオイを抑えることができます。

抗菌作用や殺菌作用のある石鹸やボディソープを使って脇部分を丁寧にしっかりと洗うようにしましょう。また、シャワーだけで済ますのではなく、しっかりと浴槽につかることも効果的です。

一般的な汗である「エクリン腺」からの汗も、普段から汗を書かない生活をしていると発汗能力が低下してしまい、にごった汗を出すようになってしまいます。そうすると、その汗も細菌が分解してしまい、腋臭とはまた異なる汗臭い汗をかくようになってしまいます。

ワキガ体質の方は二重の臭いを出すことになってしまいます。

日ごろから汗を書かないという方は特に、お風呂にしっかりと使って汗をかいて弱ったエクリン腺の働きも強化するようにしましょう。

 

お風呂の石鹸はどんな石鹸がいい?

ワキガが気になる方は殺菌作用が強いものを選ぶようにするとよいでしょう。中でも体臭対策に効果的とされる成分はミョウバンと柿渋です。こうしたものが配合された石鹸は体臭対策に対してより効果的といえるでしょう。


 

>>自分でできる、わきが対策に戻る