汗をかいたら濡れティッシュ、タオルで清拭する


わきが治療.com(トップ)わきが対策グッズ比較自分でできるワキガ対策>汗をかいたら濡れティッシュ、タオルで清拭する

脇汗をかいたらこまめにふき取って体臭対策

ワキガ(体臭)対策として有効なのは汗をかいたらこまめにふくということがあげられます。

特にわきがの場合はアポクリン腺からの分泌液(汗)が細菌に分解されることによってニオイがでます。そのため、アポクリン線からの汗を拭きとってしまえばニオイの元を断つことができます。

こまめな清拭で雑菌が分解する前にふき取る

ワキガの臭いは、アポクリン腺から分泌された液を、皮膚上に(脇の下に)いる雑菌が分解することで発生します。

アポクリン腺液自体は無臭です。ですから、それが分解される前にふき取ってしまえば、臭い対策として極めて有効です。

汗をかいたと思ったら、ウェットティッシュや濡れタオルなどでわき下などをふき取るようにしましょう。もちろん「お風呂」に入るのも有効ですが、そう何度も入るわけにはいかないと思いますので、こうしたものを活用します。

ちなみに、アポクリン腺からの汗は暑い時や運動した時というよりも、「緊張した時」「興奮した時」「ストレスを感じた時」などにかきやすいとされています。

そのような時にかいた汗についてはなるべく早くふき取るようにすることで臭いを予防することができます。

そうしたときはタオルでもいいですが、殺菌作用や消臭作用のあるウェットタオルなどを利用するとより効果的です。

>>自分でできる、わきが対策に戻る