わきが手術と健康保険


わきが治療.com(トップ)わきが病院治療>わきが手術と健康保険

わきが手術と健康保険について

ワキガの治療に当たって、その費用は健康保険(国民健康保険等)が適用される場合があります。ここでは、わきが手術において健康保険適用の有無等について解説していきます。

わきが手術と健康保険の利用について

わきがの手術はかなり高額な費用が必要となります。一般的に美容外科や美容クリニックなどでのワキガ手術に関しては健康保険が適用されません。

しかし、皮膚科や形成外科での手術の場合は健康保険が適用される所もあり、これは病院により様々となっているのが現状です。

わきが手術に関して保険が適用されるかどうかについては病院によっても異なりますし、また手術の内容によっても変わるというのが現状で非常にややこしいものとなっています。

 

わきが治療の保険制度

わきがの治療に限らず病院等での治療には自費治療と保険適応治療の二種類があり、保険が使えるものと使えないものでは、費用に大きな違いがあります。

ワキガの治療に関しては手術だけでなく、手術後の通院なども必要となります。少しでも金銭的な負担を軽くできるよう、ワキガの症状や手術の内容についてはじっくりと相談をして、自分にあった病院等を選びましょう。

ちなみに、原則として健康保険が適用できるワキガ手術は「こちら」、健康保険は適用できないワキガ手術は「こちら」でそれぞれ違いや種類などを紹介しているので参考にしてください。

 

わきが治療にかかった費用は医療費控除の対象になる?

医療費控除というのは、1年間にかかった病院代や薬代が一定額を超えたときに利用することができる税制上の優遇措置です。

わきが治療については保険適用となるような治療の多くは医療費控除の対象になるものと考えられます。医療費控除については「医療費控除による還付金のしくみと申請・申告のやり方」が詳しく解説しているので参考になるかと思います。