皮下組織吸引法

皮下組織吸引法について

皮下組織吸引法(ひかそしききゅういんほう)とは、脇下の皮膚に数ミリの穴をあけて、その中へカニューレと呼ばれる器具を挿入し、アポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺などを吸引するワキガ治療手術です。

皮下組織吸引法の方法

皮下組織吸引法では、脇の下に数ミリの穴を開けて「カニューレ」という管を挿入してアポクリン腺エクリン腺、皮脂腺などを吸引する手術です。

 

皮下組織吸引法による手術跡・療養期間

皮下組織吸引法の特徴としては、傷跡がほとんど残らず、入院の必要もありませんので、治療後帰宅することも可能です。
美容法としての脂肪吸引などもこの皮下組織吸引法による手術とほぼ同じことが行われています。

 

皮下組織吸引法を終えた後のワキガ

皮下組織吸引法によりワキガの原因となるアポクリン腺を完全に除去できればいいのですが、本方法によりアポクリン腺を完全に除去するというのは難しいようです。理由として無理に全ての汗腺を吸引しようとすると皮膚やその他の器官に傷をつけてしまう可能性があるからだそうです。

 

皮下組織吸引法によるワキガ手術と健康保険

原則として、皮下組織吸引法は健康保険による手術の対象となります。ただし、皮膚科・形成外科を除く美容外科などでの手術の場合には皮下組織吸引法の健康保険が適用されない場合がありますので、この点は手術を受ける病院に確認してください。