皮下組織掻爬法

皮下組織掻爬法について

皮下組織掻爬法(ひかそしきそうはほう)とは、わきの下に小さな切込みを入れてその穴からキューレットと呼ばれる器具を差し込んで、アポクリン腺等の汗腺をかきとる手術法です。

皮下組織掻爬法の方法

皮下組織掻爬法におけるわきが手術は脇の下に小さな切込みを入れて、その穴にスプーン状の医療器具(キューレット)を刺し込んで、アポクリン腺などの汗腺を取り出す手術です。

 

皮下組織掻爬法による手術跡・療養期間

皮下組織掻爬法では、ほとんど皮膚を切ることはありませんので傷跡はほとんど残りませんが、その切り込みからワキ全体に対して皮膚の裏側を引っ掻くことになりますので、場合によっては周辺組織に傷をつけてしまうというリスクがあります。

 

皮下組織掻爬法を終えた後のワキガ

皮下組織掻爬法では、手術による周辺組織への影響を抑えるために、完全にアポクリン腺を除去しきれるケースは少ないようです。そのため、再発率も比較的高めです。

 

皮下組織掻爬法によるワキガ手術と健康保険

原則として、皮下組織掻爬法は健康保険による手術の対象となります。ただし、皮膚科・形成外科を除く美容外科などでの手術の場合には皮下組織掻爬法の健康保険が適用されない場合がありますので、この点は手術を受ける病院に確認してください。