剪除法

剪除法について

剪除法(せんじょほう)とは、わきが手術において最も一般的に行われる手術法です。ワキの下に切り込みを入れて皮膚を裏返しにし、ワキガの原因となるアポクリン腺を一つ一つ切り取っていく手術法です

剪除法(せん除法)の方法

剪除法では、わきが手術において脇の下に切り込みを入れて皮膚を裏返しにして、アポクリン腺を一本ずつ取り除いていくという手法です。剪除法では、皮膚に切り込みを入れるだけで実際に皮膚を切り取るわけではありませんので、患者に対する負担が、切除法と比較して少なめです。

 

剪除法による手術跡・療養期間

剪除法では、皮膚を切るとるわけではありませんが、切り込みは入れますので、多少の手術跡は残ります。また、ワキガ手術を終えた後も皮膚を縫合する際に皮膚がしっかりとくっつくまでは一定の時間が必要となります。
どれだけ傷跡を目立たなくするか、という点が剪除法を行う医師の腕前にかかります。

 

剪除法を終えた後のワキガ

原則として剪除法では、ワキ下にあるアポクリン腺を除去しますので、手術跡のワキガはほぼ改善されると言われています。ただ、取り残しがあったような場合にはこの限りではありません。

 

剪除法によるワキガ手術と健康保険

原則として、剪除法は健康保険による手術の対象となります。ただし、皮膚科・形成外科を除く美容外科などでの手術の場合には剪除法の健康保険が適用されない場合がありますので、この点は手術を受ける病院に確認してください。