切除法

切除法について

切除法(せつじょほう)とは、その名前の通り腋毛が生えているワキ下の皮膚を全て切除してしまう方法で、ワキガの治療手術としては最も古典的な方法です。ワキガの原因となるアポクリン腺、その他のエクリン腺や皮脂腺、脇毛など全ての切除してしまうので、わきが手術としての効果は高いですが、手術跡が残る他、手術後の療養期間も長くなります。

切除法の方法

切除法でのワキガ手術は脇毛が生えている一帯の皮膚を切り取ってしまうというダイナミックな手術です。切除法では、ワキガの原因となるアポクリン腺だけでなく、エクリン腺、皮脂腺、脇毛といった脇下の全ての皮膚を切除します。

切除後は、周囲にある皮膚を集めてきて縫合して手術完了となります。ワキ下の汗腺を全て取り除くことになりますので、わきが治療としての効果は高い手術法ですが、傷跡や後遺症などのリスクも比較的高いわきが手術の一つです。

一方で、エクリン腺も取り除くので多汗症にも効果があります。

 

切除法による手術跡・療養期間

切除法では、わきが手術に伴いかなり広範囲の皮膚を切り取ってしまいます。そのため、傷跡は剪除法などと比較してもかなり大きく残ることになります。切除法による手術が終わっても平均して2〜3週間程度の療養が必要となります。

また、広範囲の皮膚を埋めるために周囲の皮膚を引っ張ることになりますので、皮膚の引きつりや手や腕のしびれといった後遺症をもたらすリスクもあります。

 

切除法を終えた後のワキガ

原則として切除法では、ワキ下にあるアポクリン腺を除去しますので、手術跡のワキガはほぼ改善されると言われています。

 

切除法によるワキガ手術と健康保険

原則として、切除法は健康保険による手術の対象となります。ただし、皮膚科・形成外科を除く美容外科などでの手術の場合には切除法の健康保険が適用されない場合がありますので、この点は手術を受ける病院に確認してください。