最新わきが手術

最新わきが手術徹底比較

最新わきが手術では、近年普及している様々な最新のわきが治療手術を紹介していきます。これらの手術では皮膚科や形成外科などではなく、美容外科などで実施されていますので、健康保険は使用できませんが様々な利点のある手術法が多いのが特徴です。

最新のわきが手術の色々

わきが手術と言っても、実は色々な方法があります。ここで紹介しているのは、従来型の手術療法とは異なる治療法となります。
ただし、これらの治療には健康保険は使用することができないので全額自己負担となります。場合によっては高額の治療費が必要となることもありますので、治療可能な医院にご相談ください。

 

レーザーサクション法

レーザーサクション法とは、マイクロレーザー治療の応用法の一つで、手術跡が目立たずかつワキガの原因となるアポクリン腺を的確に取り除く方法で、現在日本で行われているわきが治療の中でも効果が最も高いといわれています。

 

マイクロレーザー法

マイクロレーザー法は、ワキガの原因となるアポクリン腺にヤグレーザーというレーザーを直接照射する事により汗腺を燃やしてしまうという治療法です。治療時間が短いことと、わきがを治療すると同時に脱毛効果もあることから注目を集めている治療法です。

 

マイクロリムーブ法

マイクロリムーブ法は、マイクロシェービングコンソーラという医療器具を用いて、脇の下を4mm程度切開し治療器具を脇の下に挿入する手術法です。マイクロチップの回転エネルギーによりアポクリン腺、エクリン腺を粉砕し除去します。

 

超音波法

超音波法とは、脇の下の皮膚をわずかに切開し超音波発生装置を挿入し超音波振動により汗腺を破壊して吸引するわきが治療法の一つです。超音波を用いることで血管などを傷つけることなく治療可能です。