超音波法

超音波法について

超音波法とは、脇の下の皮膚をわずかに切開し超音波発生装置を挿入し超音波振動により汗腺を破壊して吸引するわきが治療法の一つです。超音波を用いることで血管などを傷つけることなく治療可能です。

超音波法によるわきが治療の特徴

超音波法は皮下組織全体に超音波を当てることにより血管を神経を傷つけることなくわきがの原因となる汗腺だけを破壊することを目的に行う治療法です。

超音波法では、振動エネルギーを汗腺類にのみ反応させるように微調整を行いますので、神経や血管といった部分を傷つける心配がありません。

もう一つの特徴として、汗腺を直接破壊するワキガ手術との決定的な違いは、脇毛が残ることです。女性の場合はいいかもしれませんが、男性の場合脇毛がなくなってしまうのは嫌だという方もいるかもしれません。
そうした方はこの超音波法によるワキガ治療の場合有効になります。

 

超音波法によるわきが治療と健康保険

超音波法によるわきが手術は自由診療の対象ですので、健康保険は使用することができません。基本的には美容外科などを通じて行う場合が多いようです。