マイクロレーザー法

マイクロレーザー法について

マイクロレーザー法は、ワキガの原因となるアポクリン腺にヤグレーザーというレーザーを直接照射する事により汗腺を燃やしてしまうという治療法です。治療時間が短いことと、わきがを治療すると同時に脱毛効果もあることから注目を集めている治療法です。

マイクロレーザー法によるわきが治療の特徴

マイクロレーザー治療法においては、直径1mm程度のレーザーファイバーを毛根部分に挿入してレーザー照射することによる治療が行われます。その後、燃焼させたアポクリン腺を吸入器具により吸引します。

他のわきが手術である剪除法などと比較して手術跡が目だつことなく治療後の入院も不要です。さすがに当日の入浴は避けた方が良いですが、翌日からはシャワーを使うことも可能です。

 

マイクロレーザー法によるわきが治療と健康保険

マイクロレーザー法によるわきが手術は自由診療の対象ですので、健康保険は使用することができません。基本的には美容外科などを通じて行う場合が多いようです。