マイクロリムーブ法

マイクロリムーブ法について

マイクロリムーブ法は、マイクロシェービングコンソーラという医療器具を用いて、脇の下を4mm程度切開し治療器具を脇の下に挿入する手術法です。マイクロチップの回転エネルギーによりアポクリン腺、エクリン腺を粉砕し除去します。

マイクロリムーブ法によるわきが治療の特徴

マイクロリムーブ法とは、特殊な医療器具を用いて行うわきが治療手術の一つです。極細の線の先端についたマイクロチップの回転によりわきがの原因となるアポクリン腺エクリン線を破壊して、わきがを治療します。

マイクロリムーブ法では、約4mm程度の穴をワキ下にあけるだけですので、傷跡の心配もほとんど無く、手術後の回復も早い画期的なわきが手術法とされています。

 

マイクロリムーブ法によるわきが治療と健康保険

マイクロリムーブ法によるわきが手術は自由診療の対象ですので、健康保険は使用することができません。基本的には美容外科などを通じて行う場合が多いようです。