汗の種類

アポクリン腺とは

人体におけるごく限定された部分に存在している汗腺の一種。そのほとんどはわきの下にあります。別名大汗腺と呼ばれており肉眼で確認できるほど大きいのが特徴です。アポクリン腺から排出される汗は体温調節の役割は担っておらず、わきがの原因となるのはこのアポクリン腺より排出される汗です。

アポクリン腺について

アポクリン腺というのは、人体では脇の下に多い汗腺の一つです。
いわゆる一般的な「汗」は「エクリン腺」と呼ばれる汗腺から分泌されるものですが、アポクリン腺はこれとは別物です。

汗の色は白く、この汗が皮膚にいる細菌等によって分解されることでわきがの臭いを出します。ワキガの臭いが強いという方ほど、このアポクリン腺の量が多いと言われています。

ちなみに、アポクリン腺液自体は無臭です。これが分解されることによって臭いを出すわけです。そのため、わきが対策を行う時は、分泌を抑えるか、細菌による分解を抑えるという方法が有効です。
(参考:自宅でできる腋臭対策

アポクリン腺からの汗は、通常のエクリン腺の汗がになっている「体温調節」としての機能ではない為、暑いからといって分泌量が増えるわけではないとされています。

それよりも強いストレス状況したや緊張下、興奮、快楽などによって分泌量が増加するとされています。下でも説明しますが、フェロモンとしての役割を持つことからそのようになっているものと考えます。

 

アポクリン腺=フェロモン

ちなみに、アポクリン腺から分泌される汗はいわゆる「フェロモン」と言われてみます。哺乳類に存在している汗腺は人間とは逆にほぼアポクリン腺となっています。

「ワキガ=悪いもの」というように考える方も多いですが、軽度であれば問題となることはありません。ある程度までであれば「わきがのセルフケア」のところで紹介するようにからだを清潔にすることで解決できる場合もあります。