汗かきと多汗症の違いとそれぞれの特徴

汗かきと多汗症の違いとそれぞれの特徴

世の中には汗かきというように、とても多くの汗をかく人がいます(俗に言う汗かき)。対して多汗症と呼ばれる病気と診断される人もいます。それでは、汗かきと多汗症との間に違いはあるのでしょうか?

汗かきと多汗症の違い

汗かきと多汗症についてはほぼ同じような意味と捉えている人が多いのではないでしょうか?実は汗かきと多汗症の間には大きな違いがあります。汗かきはあくまでも体質ですが、多汗症は立派な病気の一つです。

 

汗かきとは

人間誰でも暑かったり、体を動かしたりすると汗をかきます。汗かきと呼ばれる人たちはあくまでもこの通常の体温調整という人体のメカニズムの中で人よりも多くの汗をかくだけです。
まあ、こちらは体質です。

 

多汗症とは

多汗症とは、汗かきとは異なり、精神的な要因や他の疾病により起こる発汗症の一種です。精神性発汗とも呼ばれ、特に手足の裏に多く汗をかく人が多いです。中には顔やワキ下に汗をかく人もいますが、体からはあまり汗が出ないのが特徴です。
多汗症は甲状腺機能亢進症や褐色細胞腫といった疾病が原因として起こるものや精神的なストレスなどにより起こるものもあります。多汗症の症状と合致する場合は皮膚科の医師などの診察を受けてみましょう。
>>多汗症(病気診断.net)