わきがの原因

わきがの原因・メカニズムについて

具体的に、わきが(液臭症)とはいったいどういった原因を元に発生するのか?ということを解説していきます。ニオイが発生するプロセスや、原因となる物質などについて解説していきます。

わきがが臭う理由

ワキガについては「汗の種類」で説明したように「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺から分泌される汗が原因となります。

人間の脇部分にある汗を出す分泌腺の一種である「アポクリン腺」と呼ばれる器官があり、ここから皮脂を含む分泌液が分泌されます。この分泌液それ自体は無臭の液体なのですが、この液体を脇の皮膚上や腋毛にいる様々な細菌がこの分泌液を分解することによって独特のわきが臭が発生することになります。

つまり、わきが臭がする理由としては「アポクリン腺分泌液+細菌」の二者が存在することによるものと結論付けることができます。

 

わきが体質と言われる人は、このアポクリン腺の量によって大きく左右されることになります。日本人は基本的にアポクリン腺を持つ人が少ないです(日本人とわきが)。一方で海外ではアポクリン腺を持つ人も多く、それ自体を嫌う人も少ないそうです。

また、早熟化が進んでおり、子供が小さいうちから腋臭の症状が出るケースもあります(こどもと腋臭)。

 

アポクリン腺が多い場所と臭いの種類

汗が出る「エクリン腺」は基本的に全身にあります。
一方で腋臭の原因となる「アポクリン腺」に関しては基本的に脇の下に数多く存在します。そのため、わきに汗を書くことで腋臭の臭いがでやすくなります。

ただし、アポクリン銭に関しては脇の下以外にも、耳の穴の中や陰部などにも多い方がいます。陰部にアポクリン腺がある方は「すそわきが」などと呼ばれることもあります。

耳の穴に関しては耳掃除をするときに耳垢が湿っている方はアポクリン腺があると考えられます。こちらは「腋臭の自己診断」にも使われる項目となっています。

 

腋臭には程度がある

アポクリン腺はわきがの人もそうでない人ももっています。ただ、わきがとされてしまう人は他の人と比較してアポクリン腺の数や大きさに違いがあるだけです。

また、臭いに関してもある程度コントロールすることは可能です。
具体的には「病院での治療」や「消臭グッズの利用」などが挙げられます。