日本人とわきが

日本人とわきがについて

日本人は人種的にはモンゴロイドにあたります。モンゴロイド人種においてはわきがの原因となるアポクリン腺の保有者が少ないと言うことが挙げられます。対して欧米人(コーカソイド人種)や黒人(ネグロイド人種)にはアポクリン腺の保有者が大多数を占めているといわれており、こうした人種的な環境と日本人の比較的清潔好きな点からわきがが社会的に意見されていると考えられます。

日本と欧米におけるワキガに対する社会的な意識の違い

日本社会においてワキガというと臭いといったイメージが先行していますが、海外を見てみると決してそんなことはありません。

ワキガのニオイというものはある意味動物が持つフェロモン的な意義があるとされ、欧米人をはじめとした社会においては大量の汗をかくという多汗症治療という意味で手術などが行われることはあっても、わきがのニオイ自体を消したいと思っている人はほとんどいません。

日本人は諸外国を見てもきれい好きとされており、毎日お風呂に入る習慣があるといった観点など、また、欧米人等と比較してアポクリン腺を持たない人(機能していない人)も多いことから、わきがのニオイに対して敏感であると考えられています。

過剰に体質を嫌悪するのではなく、一つの個性であると受け入れるのも一つだと思います。

体臭が気になるのであれば、デオドラント商品だってあります。脇の下などを清潔にしていれば腋臭の臭いも改善されるはずです。
世界的に見れば腋臭の臭いは当たり前と思えば気持も随分楽になるのではないでしょうか。