肌着に黄ばみが付く

肌着に黄ばみが付く / わきがの自己診断

通常、わきが体質でない人が分泌している汗はほとんどがエクリン腺と呼ばれる汗腺の一種から分泌される分泌液です。このエクリン腺の分泌液はその成分の99%が水分といわれています。対して、わきが体質の人にはエクリン腺以外にも「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺が分布しており、こちらから発せられる分泌液により肌着に黄ばみなどを残すことがあります。

アポクリン腺とわきが

わきがの原因となるアポクリン腺から分泌される汗は水分以外にも脂質、鉄分、糖分、アンモニアなどの様々な成分を含有しています。このアポクリン腺から分泌された汗により、肌着などの衣服に対して黄ばみやシミを作ってしまうことがあります。

白いシャツなどに汗染みができやすい人はアポクリン腺の数や汗の分泌量が多いと推測できますので、わきが体質である可能性が高いといえます。