直接診察 / わきがの病院診察

直接診察について

名前の通り直接診察は、医師(専門医)がワキのニオイを直接嗅ぐことによりワキガ臭の強さを判定する診察法です。直接診察はワキガのニオイを医師や看護師などが直接嗅ぐことによる主観的な診察法です。直接診察により治療が必要と判断された場合は試験切開などより具体的な結果がわかる診察を行うのが一般的です。

直接診察の診察内容

直接診察は前述の通り医師や看護士がワキのニオイを嗅ぐことによりワキガの程度を測定するという診察方法です。

具体的にはワキに一定時間ガーゼなどを挟んで、そのガーゼのニオイを嗅ぐ方法と、直接ワキのニオイを嗅ぐという二通りが一般的です。

診察例としては、

・部屋に入った段階で臭う:強い
・直接鼻を近づけて嗅ぐと臭う:中
・診察日当日は臭わない:弱い

以上の様な診察が行われます。なお、弱いと診断された場合はそもそもワキガではないケースであることも多いそうです。さらに、弱いワキガと診察された場合にはほとんどの場合で特別な治療は不要のケースが多いとされています。