耳垢が湿っている

耳垢が湿っている / わきがの自己診断

耳垢が湿っているか乾燥しているかでわきが体質かどうかをチェックすることができます。通常ワキガの原因となるアポクリン腺はワキの下に多く集中しているのですが、耳の中(外耳道)にも分布しているのです。このことから、耳垢の乾燥または湿っているかでワキガの診断に利用ができます。

わきがと耳垢の関係について

耳の中にある外耳道には、ワキ下と同様にわきがの原因となるアポクリン腺が分布しています。通常、ワキ下のアポクリン腺の数と耳の中にあるアポクリン腺の数は正比例しています。

このため、耳の中にアポクリン腺が多い=脇の下にもアポクリン腺が多いと推測することができます。通常、耳の中にアポクリン腺が多い場合、耳垢はアポクリン腺が分泌される液により湿った状態となります。(いわゆる飴耳)実際のところ、ワキガ体質の人の7〜8割程度の人は耳垢が湿っているという調査結果が出ています。

ただし、注意して欲しいのは、耳垢が湿っている=ワキガ体質ということではありません。あくまでもわきが体質である人の多くが耳垢が湿っている状態という十分条件の一つです。